小道具部屋のカエル日記

自分の所属しているオペラ団体のお稽古日記。 スタッフたちの日々のつぶやきを通して、よりオペラに興味を持ってもらえるように、つれづれなるままに日記をつけていきます。

2007-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくらの夏休み☆in湯来

8月12日(日)晴れ
今日は朝早起きをして、湯来温泉に行きました。
お昼は海老カレーを食べてから馬ちゃんと川に入って遊びました。
とても楽しかったです☆。

おいおい稽古はどうした(笑)。
みなさんこんばんみ。東京ダルマガエルです。
いやー田舎はいいだねー。
空気もおいしいし、川までとセミまでついてるもんね。
hios恒例夏合宿はことしも湯来ロッジで1泊2日とあいなりました。
ダルマガエルは2日目の朝から参加したのですが、前日から泊まり組みはスナック馬ちゃん(まあ、男部屋か)で朝の5時までバタフライ談義に花が咲いたとか・・・。
ありえんし(笑)。
おかげでみなさん朝からグロッキーな笑顔で迎えてくれました。
まあそうは言っても、そこからひたすら音楽稽古ですよ。
前夜のお話のせいもあってか、細かく細かくバタの人物描写をしていくお稽古はなかなか楽しかったです。
も~馬ちゃんといい、先生といい、バタが大好きなんだから。
熱い演出陣はまだ8月というのに盛り上がっております(汗)。

指揮の田坂くんも湯来の山道に迷いながらもたどり着いてくれました。
若い男子(?)が来てくれるとお稽古場も盛り上がりますね。
ゲコゲコ。
別にいつもは若いのがいないって言ってるわけじゃなくってよ(笑)。
心だけはいつまでも少年時代な馬ちゃんとダルマガエルは川遊びを堪能しましたが、付き合いの悪いライオン君は涼しいところから手だけ振ってくれました。
来年はプライベートで川に泳ぎに行こうかな~。
お風呂も付いてるしね!(さりげなく湯来をアピールする私)。

午後からは睡魔と闘いながらも果てしなく音楽稽古は続き、あっ!!というまに陽は傾いていしまいました。
正直ダルマガエルは限界だったので、命からがら、広島に帰ることができました(おおげさ!)。
でも他の方々はまだもう1泊できそうな勢いだったなあ。
ううう、体力つけてリベンジだわ。

9月からはゲストも迎えて本格的に音楽稽古が始まります。
残念ながらまだキャスト発表公開にokサインを頂いていないので、ひ・み・つ☆が多いけれど、今回はなかなか面白いキャスティングになっていますよ。
でもまだひ・み・つ☆(馬風)。
ではまたね~。
ゲッコゲッコ。
スポンサーサイト

印刷機やぶれたり

勝った。
勝ったぞ。中央公民館の印刷機に。
でも自分にはやっぱり勝てないワタクシ。
最後の夏休みを満喫中です。

みなさんこんばんみ。東京ダルマガエルです。
合唱譜コピーが3時間以内にクリアできました。
これがどのくらい素晴らしいことかわかる人はめっちゃ少ないでしょうね(笑)。
たまたま居合わせたちびっ子サークルのお兄さんに迷惑を弱冠かけてしまいましたが、馬ちゃん&めみ先生&ダルマガエルのスーパーO型トリオでさくっとやってみました。
あ!ちなみにAB型のえみちゃんも駆けつけてくれて和やかな雰囲気の中で印刷ができました。
印刷機のご機嫌もまずまずだったし、結構楽しかったワ。
O型トリオのすごいところは、やはり、勢いがあるところですかね。
こう、ね、白い紙の束のなかに灰色(?)の紙が混じっても気にしないとか。
そして、「え?白いよ?」と言い張るところとか。
今までばば嫁さんが苦労してサイズの大きい紙で印刷していたのに、なんの迷いもなくダルマガエルがB4でやってしまうとか(笑)。
・・・。
まあ今年はプッチーニだから1ページに2・3段しか譜面が書かれてないから大丈夫大丈夫。
色がちょっと違っても問題ない問題ない。
おしゃれじゃないですか、それも。
ゲコゲコ。
どんな塩梅か知りたい方は、ぜひ!hiosのコーラスに参加して確かめてみるといいですよ☆。
うむ。それがいい、それがいい。

ちなみに今日はバタの音楽稽古でした。
今回でバタフライは再々演になるのかな。
前回出演された方々は、やはり音楽の端々にカバ先生の棒が思い出されるようです。
今年は副指揮をやらなくてよい(それはそれで寂しいけどね)ので、このプッチーニのカンタービレ地獄を素直に楽しむ事が出来ます。
    *なんでカンタービレ地獄かは、また今度書きます。
そうそう!ダルマガエルは学生時代にオペラ特殊研究(だったかな)の授業で花の二重唱をやらせていただいたことがあるんですよ。
もちろんダルマガエルがバタ子さん。
ちなみにスズキはこの前の研修でドラベッラをやってくれたてるちゃんでした。
しかもその時、贅沢にもマエストロ和田先生が指揮を振ってくださったんですよ~。
くうう。懐かしい。
あの時「もっとキラキラした声出ないかな~」なんて言われてダルマガエルは埴輪になってしまったけれど、今となってはやはり「キラキラ」は重要だと思われます。
ゲコゲコ。
今年はどんな演出でどんなバタフライになるかホント楽しみです。

去年、ヴェルディ最高~!!と思ったけど、お稽古始まるとプッチーニも楽しゅうございますなあ。
しかも明日からは恒例の湯来温泉で夏合宿ですから、お盆が明ける頃にはすっかりバタフライモードになっていることでしょう。
え?お前は行かないのかって?。
行くよ~。
2日目から(笑)。
ゲッコゲッコ。

ただ今準備中

無防備なアブラゼミ達にやっと夏が来たって感じがしますね。
みなさんこんばんみ。東京ダルマガエルです。
この時期になると、ダルマガエルの主食はスイカになります。
今日も実家の冷蔵庫から失敬して帰りました。
嫁に行く時は、ぜひみなさんスイカをお祝いにくださいね。
あ、でも3日ずつずらしてくれると嬉しいな☆。

ゲコゲコ。
さて、カテゴリーにもいよいよ「蝶々夫人2007」が追加されました。
着々と(?)今年も始まっておりますよ。
hiosカレンダーでは8月は勉強会と会員の音楽練習になっており、9月からゲストの方々やコーラスの皆さんの音楽稽古が始まります。
先週はゲコゲコ会議をしました。
今後のことや、お仕事分担を決めました。
そうそう、キャストの発表もありましたよ。
でもまだひ~み~つ~(笑)。
もうしばらくお待ちくださいね☆。

hiosの会員は大変だってよく言われるんだけど、正直歌う以外にお仕事はいっぱいありますよん。
ダルマガエル他所のオペラ団の仕組みはよく知らないんだけどさ。
もっと会員が増えて、例えば30人になったら楽になるか?って考えても、多分あんまり楽~ってことにはならないと思うんだけどなあ。
「いやいやダルマガエルよ、そりゃあ楽になるぜ!」
そっか~??
まあしょうがないっすよ。
楽しいこともいっぱいあるんですよ。
例えば、ダルマガエルは小道具やってるおかげでゲストやコーラスの方々とお話できるとか・・・。
そんだけじゃないけど!!まあいろいろメリットがあるのだー!!。
きー!!。

今年のお仕事初めとして、明日は中央で大・印刷大会です。
コーラス用の楽譜をせっせとみんなで印刷するのです。
この印刷機がわがままなお嬢さんなもんで、すぐおへそを曲げて動かなくなるんですよ。
まあ、手のかかる子ほどかわいいっていうけど、全然かわいくないよ(笑)。
1幕はほぼ全部刷らないといけないから、めみ先生・ライオン君・馬ちゃん・カエルで入れ替わり立ち代わり刷り上げようと言う話になっています。
みんなでやれば怖くないもーん。
・・・でも3時間はかかるだろうな(汗)。
みなさんこんあステキなhiosに入りませんか(笑)。
だっはっは。

ただいマンモス☆

ユーロが高いぞヨーロッパ!。
みなさんこんにちわ。東京ダルマガエルです。
いやはやまったくの時差ボケです。
ヘルシンキ経由でドイツに入るまでかかった時間はなんと27時間。
お尻がしましまになっちゃうよねー。
帰る頃には大阪~広島間が30分ほどの感覚に思えました。
人間ってこわいですね。

オーストリアでザルツブルク音楽祭に行ってきました。
ぴろぴろにドレスを着込んでね。
ウィー○・フィルの初日でした。
現代曲の小品とベートーベンのコンチェルトの3番とマーラーの1番。
・・・・どうって?。
うううむ。なんて言ったらいいかわかんないんですけど、そうね、いうならお腹一杯のライオンのようでした(わかんないか!)。
上手だった。そりゃあめちゃめちゃ上手かったさ。
でも、ダルマガエルは集中したウサギの演奏の方が好き。
プロってそんなもんなのでしょうかねえ。
そりゃあ一定の水準以上はキープしていたけれど、なんといいましょうか、魂がゆるゆるな感じがしたんだよね。
演奏が終わった後、場内はものすっごい拍手だったけど、横のおじちゃん寝てたじゃーん!!と思わず突っ込みをいれてしまいそうでした。
上手=高いチケット=有名=良い演奏
では、絶対なかった。
でもダルマガエルにとってはそれは救いでもありました。
やっぱり良い演奏には真摯に音楽と向き合う態度が必要である事がわかったからです。
そして、エキサイティングな舞台はザルツブルクでなくては作れないということはないんだなあと思いました。
そう。東洋の端っこの小都市:広島でもいい舞台は作れるんだね。
高い授業料でしたが一見の価値がありました。
ゲッコゲッコ。
残念ながらオペラは観られなかったけれど、翌日からオネーギンを最新の演出とやらで上演していたようです。
そのうち日本のテレビでもやると思うので、ちょっと注意してみておこうと思います。

でもさー、やっぱりヨーロッパの人はでっかいわ。
ダルマガエル日本じゃあLサイズですが、向こうでは「丸いチワワ」くらいだったぜ☆。ちなみに向こうの人々は「シベリアンハスキー」クラスですな。
いやーまいったまいった。
ダルマガエル化粧もしないでゲコゲコ言ってたら10代後半(ブー!27だもーん♪)にみられていたようです。
ちなみに一緒に行った同い年の先生は13歳に間違えられてホストファミリーに連れて行かれそうになっていました。(爆笑)
さすがにそりゃあねえだろ!と本人もショックを受けておりました。


さあ次は「蝶々夫人」です。
どこまで真摯に向き合えるかが勝負ですね。
ああ、また自分の吐いた言葉で自分の首がしまっている・・・。
ゲコゲコゲコ。

 | HOME | 

FC2Ad

 ■Template/hibidara

 

プロフィール

東京ダルマガエル

Author:東京ダルマガエル
オペラやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ドレミFlash

カーエルの予言

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。