小道具部屋のカエル日記

自分の所属しているオペラ団体のお稽古日記。 スタッフたちの日々のつぶやきを通して、よりオペラに興味を持ってもらえるように、つれづれなるままに日記をつけていきます。

2008-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムの奮闘

さーみーなーや!訳:すっげえ寒いね☆
みなさんこんにちわ☆備後訛りがぬけない東京ダルマガエルです。
雪の国から間一髪で帰還しました。
ふぅぅ危ない。もう少しで国境が閉鎖されるところでした(ウソ)。
追手はしつこく電波を飛ばしてきますが、ここまで逃げ切れば、よもや強制送還されることはないでしょう。
しかし油断は大敵。
携帯不携帯が一番いいかもなあ。ゲコゲコ。

まあそんなわかりにくい話はおいておいて、今年のhiosのお稽古も残すところあと2日。
昨日はまたまた2幕2場のサムトムの所を練習。
そしてお約束のダルマガエルはトム・・・。
いいの!hiosでは良くある事なの!!
いい加減諦めて暗譜しよっかな~(泣)。
ダルマガエルは腐ったソプラノ(違う!腐ってもソプラノ!!)なので、バリトン君のへ音記号で書かれた楽譜は音がイメージしにくいのだー。
でもライオン君が何とかお稽古できるように、ダルマガエルも頑張るわけですよ。
ゲコゲコ(汗)。
サム訳のハンサムボーイは普段の行儀のよさをどう隠すかが課題のようです(笑)。
えら~い人の役は、あんまり動くと下っ端に混じっちゃうしね。
でもサムの一生懸命な姿に、久々に心が洗われました。
自分がもし本当に男だったら、こんなにおいしいシーンはないし、サム・トムみたいないい役はめったにないと思うもの。
合唱のみなさんと一緒に立ち稽古する日が、ほんと待ち遠しいです。

年末年始でまた詳しいあらすじは書いていきます。
ではまたね☆ゲコゲコ。
スポンサーサイト

再☆会

1年ぶりの指揮者様との再会。
山流しの行き先を告げると、「おっ!?そこの町はおいしいブランデーケーキがあるでしょ??」
くううう。良くご存知で。
そいつは洋酒ケーキですよ!先生!
今度の指揮者来広の折には、町中の洋酒ケーキを買い占めて帰ると心にきめました。
ゲコゲコ♪

みなさんこんばんみ☆東京ダルマガエルです。
今日は指揮者様を迎えての合唱練習でしたが、むねむねさんがいらっしゃらない&バリトン部隊が欠席というなかなかのテノール日和でした。
かわいそうに、バズさんお一人で指揮者様と音とり対決です。
でも、ダルマガエル的にはおいしいシチュエーションっすよ!それ!!
いいなあ。男の声がでたらめっちゃがんばるんだけどなあ。
「今回のオペラはとにかく言葉!」とのたまっておられました。
1幕の♪3時に~♪のところとか、しっかり歌っていきましょう。
でもやっぱりヴェルディの合唱は歌い応えがあります。
ダルマガエルも血が踊りますわ~。
うちのちびっ子たちは年末にみなさんと合流予定なので、とにかく指揮を見て歌えるようにしとかなきゃな~。
がんばります☆ではまたね!

追伸:コメントにブログとは全く関係ないのが混ざっております。
    彼らはスパムというばい菌君です。
    つっつかないようにご注意ください。
    今度、冬休みにはいったら、スパム対策ツールをインストールしますから、しばらく目障りでしょうが、
    お許しください。                           東京ダルマガエル

アイラブ☆ヴェルディ

雪ふったどおおお。
スタッドレス?はいとるはいとる。

みなさんこんにちわ☆東京ダルマガエルです。
いや~寒いですね。
大風邪ひいてしまいました。
昨日「あと1日だ~(苦)」とふらふらになってHRにあがったら、教卓に不審なプリントが。
なんじゃこりゃ?ってひっくりかえしたらカピカピのヤモリ。
子どもたち大爆笑。
ここはドリフか?
でもおかげで1日ふんばれました。
風邪が治ったら、仕返ししてやる。

仮面舞踏会のお稽古はちょっぴり難航しているようです。
この季節、風邪だの雪だのって、お稽古ができなくなることが多いので、ちょっと集中していきたいところ。
先日、西のレナート様のお稽古にラッキーな事にも同席できました。
トム(暗殺者)の代わりに歌っていたら、「ダルマガエルさんは幸せのオーラがでている」とかなんとか言って、プププとお笑いになっておられました。
しょうがないでショー、トムがいないんだから。
久しぶりに2時間たってお稽古したら、足が疲れてしまいました。
なまったもんです。
代役でも何でも、お稽古に参加できるのは、とっても嬉しいです。
ゲコゲコ。

でもヴェルディのオペラはやっぱり楽しい。
このくそまじめなところがたまりませんね。
どーしようもないっていうか、キャストがどんどんひどく悪くつらく展開して行くんですよね。
椿姫しかり、アイーダしかり、途中で「ま、いっか」って絶対思わないんですよね。
一生懸命悪い方へ行ってしまうのです(笑)。
しかも明るいシーンの中の影のメロディがあっちこっちにつくってあります。
どんなに幸せそうな場面でも、悪意は隠れてるっていうのかな。
でも、それってすごくシビア感じがするなあ。
明暗の対比がテーマの中にあるといったらそれまでだけど、このオペラは「暗」の部分がとっても美しく仕上げてあると感じます。
超大人な世界ですよ。
キーパーソンはレナートですね。
みなさんお楽しみに。ゲコゲコ。
ではまたね。

 | HOME | 

FC2Ad

 ■Template/hibidara

 

プロフィール

東京ダルマガエル

Author:東京ダルマガエル
オペラやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ドレミFlash

カーエルの予言

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。