小道具部屋のカエル日記

自分の所属しているオペラ団体のお稽古日記。 スタッフたちの日々のつぶやきを通して、よりオペラに興味を持ってもらえるように、つれづれなるままに日記をつけていきます。

2009-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かちかち山に火をつけろ☆

乾いた藁をたっぷりご用意ください。
はいはい、それをしっかり背負って背負って。
かちかち山に火をつけますよ~。
ゲコゲコ。
みなさんこんばんみ☆東京ダルマガエルです。
昨日、マイナス5度を体験してわかったのは、車に置いといたペットボトルは凍るということです。
勉強になりました(笑)。

1月も来週でおわりですね。
ラスト1ヶ月にしては、ちょぴっとヤバイ進行状況に演出家のムチがはいります。
うーん(汗)。
かちかちやまに火をつけて、大火事にして猛ダッシュで駆け抜けてなんとか間に合う?って感じかなあ。
ダルマガエルは今回完全スタッフなので、口を挟む権利はないのですが、それでもうちのちびっ子達が歌の入りを落っことしてるのをみると、何にも出来ない自分に狂いそうになります。
いいなあ、みんな歌えて。
頑張るところがあるのは、羨ましくて、喉から手が出て往復ビンタしそうです。
悔しいので、うちのちびっ子達が、1幕2場でコンブのようにゆらゆらできるようにスパルタ特訓です。
ゲコゲコゲコゲコゲコ~!!(欲求不満)
でも1幕2場の最後の大合唱はいいですね~。
やっぱヴェルディはコーラスが厚くて、最高によろし。
お稽古の時に「ちょっと立っとけ」と言われて、リッカルドの代わりにセンターに立ったんですが、これがなかなか良い気分ですわ。
なんかね、ぐわーってパワーが流れてくる!!。
ちょっとびっくりしました(笑)。
オバマ~!?
そりゃあ前向きになれるわ。リッカルド。

待ち時間が長いのも、この時期のお稽古にはつきものです。
ピアニストじんぱちは、でっかいポット(大変レトロなデザインでよろし)でコーヒーを持参していました。
たくさんの人が集まるので、みなさんうがい・手洗いしましょうね。
ダルマガエルはそろそろシルヴァーノのナップサックの製作に入らなければ。
新幹線にのってやってくるレナート様にソフトにいじめられてばっかりなので、小道具でゲコゲコ仕返しじゃ~。
ピストルの代わりに、ホルダーに懐中電灯いれといて差し上げます。
ゲコゲコ♪
ではまた来週☆私は雪山に帰ります。
スポンサーサイト

ぷち脱出☆成功

雪国からぷち脱出成功。
ふっ。積雪20センチ?
帰り道に大きなたぬきの親子が・・・ちがーう!?いのししじゃー!!
ゲコゲコゲコゲコゲコゲコ(汗)。
みなさんこんばんみ☆東京ダルマガエルです。
ちょっと私用で一時帰宅しました。
都会の空気はおいしいです。ゲコ~♪

この前の土曜日にうちのちびっこを連れてお稽古にいきました。
ゲストのみなさんもそろっていて、こどもたちも緊張しながらも楽しかったみたいです。
うきゃうきゃ歌っていました。
特にウルリカさんと一緒に歌ってびびってましたね~。
側にいると、響きが直に伝わるしね。
とってもいい経験をさせてもらっています。
いやホント。
バリトンやメゾのいい響きを聴くなんて、なかなかないですから。
でも、なんか懐かしいなあ。
ダルマガエルも高校生の時(そういう時があった!)にhiosのお稽古で初めてうちの先生の声聴いてたまげたとですよ。
声でっけ~ぞ!!
人間の声ってこんなに大きいのかって、単純に感動しました。
あの頃は心がきれいだったのね(←オイオイ)。
今週は指揮者がいらっしゃるし緊張はmaxですが、リッカルドのなが~い高音をぜひ聴かせてやりたいです。
それには暗譜じゃ!ゲコゲコ。
ダルマガエルもウルリカ暗譜じゃ(笑)。
ううう、でもやっぱり私はソプラノ~(泣)。

あけまして☆ダルマガエル

はあああ冬休みが終る・・・。
はあああ悲しい。
ゲコ・・・ゲコ・・・・。
みなさんあけましておめでとうございます☆東京ダルマガエルです。
実家生活のしめくくりはやはり海老フライですね。
今頃父ガエルが、大量の海老様たちをゲコゲコフとライにしてくれているころだと思われます。
おいしくいただきます。ゲコゲコ。

今年も始まりましたね。
お稽古開きは7日(水)ですが、みなさ~ん!暗譜は完璧ですか~!!。
さあさあ、怒涛の2ヶ月が始まりますよ。
仮面舞踏会ってどんなお話?ってことで、かんたんにあらすじ。
入植後のアメリカが舞台なんですが、弱冠そのへんはアレンジしてありますのであしからず。
みんなのスーパーヒーローであるリッカルドは若いけど、民衆の絶大なる支持を得た大統領。
今朝もゲコゲコお出ましを待っていると、朝から爽やかにフェンシングで登場。
か~!やっぱり違うね!ヒーローは(笑)。
きゃああ☆素敵って感じなんですが、当然光があれば、陰がある。
スーパーヒーローを超憎んでいらっしゃる方々がいます。
それが軍部のサム・トム一派。
みなさん前奏曲をよくお聴きあそばしてね。
明るいところが民衆で、暗くてごつごつしたとこがサム・トムです。
音楽の対比もさることながら、キャラクターもはっきりしています。
たとえば、お小姓(っていうのともちがうんだけどな)のオスカル君は、明るい・軽やか・コロコロな感じ(ダルマガエル談)。
リッカルドの右腕レナートは、硬い・厚い・フレーズが長い(笑)。
リッカルドはなんかね~錦野アキラって感じなんだな~。
ま~このひとまじめなんだか軽いんだか。
でも色んなヒーローのなかでも、アリアがとっても楽しいので、好きです。
ゲコ。
まあそんなこんなで、リッカルドは結構危ないところにいるわけですが、彼の人望とレナートというスペシャルパートナーががっちり支えてくれているおかげでしっかり統治できております。
これでリッカルドがしゃんとしてくれてたらいいんだけどね、メロメロなわけですよ。ある女性に。
まっすぐだからな~(汗)。
世の中の半分は女の子なのに、好きになっちゃったんだな~。レナートの嫁を。
くんくん。
最初から破滅の匂いがしますね~。
レナートに「なんか集中してないぞ!しっかりしてくれよ!」とかいわれちゃうのです。
そんなこんなで、森に不気味な女占い師がいるって話が出てきます。
オスカルいわく、すっごい力の主だそうな。
判事さんは若者に毒だから捕まえてくれっていうし。
じゃあその女占い師に会いに行こうってことになります。
みんな正体がばれないようにちゃんと変装していくんだぞ。
約束の時間は夜中の3時!。
みんないいですか~何時集合でしたっけ~?
『はい3時です!』
よろしい~ではのちほど~。
う~ん楽しみ☆。
レナートはやめとけっていったのにね。
ほらほらサム・トムが喜んでるじゃあないですか。
これが1幕1場のお話。
でもって1幕2場は占い師ウルリカの住処になります。
このウルリカもすっごいんだぞ~!サタン様とお話ができちゃうんだぞ~。
続きはまた広島に帰ってきたときかきますね☆ゲコゲコ。

余談ですが、ウルリカ騒動の折のリッカルドの判断はダルマガエルとっても好きです。
どっちかの言い分だけじゃなくて、当の本人の言い分を聞こうってのがいいですね。
自分の目で見たことを信じる。
うむ。立派です。
ただのやる気マングローブではなかったのですね(笑)

 | HOME | 

FC2Ad

 ■Template/hibidara

 

プロフィール

東京ダルマガエル

Author:東京ダルマガエル
オペラやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ドレミFlash

カーエルの予言

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。