小道具部屋のカエル日記

自分の所属しているオペラ団体のお稽古日記。 スタッフたちの日々のつぶやきを通して、よりオペラに興味を持ってもらえるように、つれづれなるままに日記をつけていきます。

2009-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろまとめていきます①

みなさん非常に申し訳ありませんでした!東京ダルマガエルです。
忙しいやらなんやらかんやらもあったのですが、やっとこさセキュリティーが復活できたので、ここんところのまとめを書かせていただきます。
今日も弱冠ファイヤーウォールがいろんなものを重くしてくれていますが、一応機能は復活しているので、またゲコゲコ書きます。

えー(汗)何から書いたらよいのでしょうか(笑)
まず、ジャンニを観に来てくださったみなさんありがとうございました。
舞台が客席よりもだいぶ高かったから、お客さんの反応が全然ダルマガエルには伝わってこなくて、正直あせりました。
静まりかえる(っているように感じたのよ!あたし!!)会場に『う~んこれは大丈夫か(汗)』ってまじでハラハラしました。
でもうちの父母曰く、結構笑ってくださっていたし、温かい感じだったようで、安心しました。ゲコゲコ。
あまりの緊張感に、うっかり財布を忘れて出ていることさえ気がつきませんでした。
リヌッツィオが後から手の中に握らせてくれたときは、一瞬頭が真っ白になっちまいましたよ。
20秒くらい魂がフリーズしました(笑えない)。
も~ね~!これだけじゃなくってみんないろんなところでアクシデントをぶちかますから~!!正直めっちゃスリリングな舞台でした。
あ~びっくりした。
でも最後までやりきることができてよかったです(泣)。

ワタクシは今回のメイクがかなり好きでした。
絶対まぶたは水色に塗ろうって決めていたので、昭和40年代のキャバレーのママ風にしてみました。ゲコゲコ~!!(興奮)
親戚の人々は男は犬!女は猫!という演出の指示をたよりにがんばってみましたが、ライオン君のメイクに勝てる人は誰もいませんでした(笑)。
ダルマガエルはリヌッツィオさんに目の中までアイラインを引いていたき、のっぺり顔が多少ははっきりしました。
そうそう子役ちゃんもメイクにウッキウキ☆(古い?)でしたね。
以前バタフライで幼稚園のお子さんをメイクしたときは、自分が認識できないらしく、カツラとメイクにすっごい違和感を感じてたなあ。
さすがに小3くらいになると、変身を心から楽しんでいましたね。
ゲコゲコ。

はあああ、なんか上手く書けないや。
久しぶりでなまってるんだな。
まあ夏休みに入ったので、折を見てゲコゲコまとめていきます。
ちなみに次回はゲストさんについて書かせていただこうと思います。
まだこのページを見てくださっていたみなさん!ホントにごめんなさい!
そしてありがと~!!
ではまたね☆ゲッコゲッコ
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 ■Template/hibidara

 

プロフィール

東京ダルマガエル

Author:東京ダルマガエル
オペラやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ドレミFlash

カーエルの予言

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。